襲来する鳩の駆除ならスペシャリストにお任せ|まさに一網打尽

男性と女性

新築時の予防が大切

白蟻

被害が起こる前に対策を

日本では、住宅の半数近くが木造住宅です。新築の家を建てる際、木造住宅にしたときに必ずと言っていいほどシロアリなどの害虫対策をするよう進められると思います。日本の建物に被害を及ぼすものは主に3種類に分かれます。ヤマトシロアリ・イエシロアリ・アメリカカンザイシロアリの3種類です。シロアリが生きていくために必要なものは、水・食べ物・心地よい空間です。この3つがそろっている場所にこそ被害が起きたり巣ができあがってしまいます。家に例えると、食べ物は木材になり、心地よい空間とは外敵がいない場所ということになります。残った水場は、じめじめした場所、つまりお風呂場や洗面台・トイレなどがある土台や床などが最適な場所になります。

被害が多い場所を対策する

被害にあいやすい場所は、湿気が多くて風通しが悪い場所です。これから新築する場合は、水場近くの床や土台などを重点的に予防することです。事前に建設会社との打ち合わせをすることが大切です。また、持ち家があって、春から夏になると羽がある蟻を見たり、床が浮いた感じがする・床下に湿気がたまりやすいなどの症状がでた場合は、シロアリ被害の可能性もありますので床下を中心に点検することをおすすめします。シロアリの被害は見えないところでどんどんと進行しています。早めの対策をすることで大事な家を守ることができます。軽度であれば、ホームセンターなどで売られている木部処理剤や駆除剤を使って退治してみましょう。しかし、症状が進んでいればプロにお願いして駆除してもらうことをお勧めします。