襲来する鳩の駆除ならスペシャリストにお任せ|まさに一網打尽

男性と女性

被害が拡大する前に

作業員

追い払うか寄せ付けないか

郊外の開発や気候の変化により、野生動物が住処を移動するケースが増えています。多くの場合はエサ不足によるもので、都市部にまで迫ってきているのがイタチです。ねずみ駆除で利用されたこともあるイタチですが、雑食性なため今日においては害獣のイメージが定着しています。作物や家畜のエサを荒らす被害が増加傾向にありますので、イタチ駆除は早めの対策がポイントです。しかし、家庭内でイタチ駆除に取り組む前に、市町村の許可を得ずに捕獲や処分はできないと理解しておくと良いでしょう。法に触れないイタチ駆除は、追い払うか寄せ付けないという取り組みが前提です。イタチは嗅覚が発達した動物ですので、市販のキツネの尿や酢といった強いニオイの忌避剤が有効となります。

費用に対する抜群の効果

木造家屋の場合は侵入経路が作られやすく、たびたび発生しているのが天井裏に営巣するケースです。夜行性なので深夜に走り回る騒音が繰り返され、排泄物のきついニオイと害虫の発生で衛生環境が悪化します。被害を拡大させないためには、イタチ駆除を専門に取り扱う業者への依頼を検討すると良いでしょう。合法的な捕獲が行われるだけでなく、再来を防ぐ処置や消毒を含んだ清掃の依頼も可能です。店舗であればイメージの悪化や商品の損失を未然に防ぎ、費用に対する効果は十分に得られるといえます。イタチ駆除業者の多くは、見積り後に契約の是非を判断できるシステムです。追加の費用が発生しないと明言している業者もありますので、選定基準のひとつにしてみるのも良いでしょう。